ヒアルロン酸について

ヒアルロン酸というと女性ならすぐに美肌成分として思い浮かべそうです。
しかし、実際には体内のいたるところに存在しています。
食品、化粧品、医薬品などにも使われているので、ヒアルロン酸の名前はよく聞いている人も多いのではないでしょうか。

皮膚への効果。
ヒアルロン酸の役割というと、細胞と細胞の間に多く存在していますが、保水効果がありクッションのような役割で細胞を守ってくれます。
皮膚の真皮層の中に多く含まれて水分保持作用があります。
そのためヒアルロン酸が多い皮膚は、赤ちゃんのようにもちもちとした弾力のある肌になります。
美容液などの化粧品や洗顔石鹸などにも配合されていますが、美容整形のシワをなくすためのプチ整形にも、ヒアルロン酸は使われています。

関節にもヒアルロン酸は多く含まれています。
特に関節軟骨などに多く含まれ、骨と骨がぶつからずにスムーズに関節が動くように助けているのです。
老化によってヒアルロン酸が補充されると、関節が痛く動かすことができなくなります。
特に肩や膝、指などの関節に出やすいようです。
関節機能を改善する場合は、ヒアルロン酸による関節機能改善剤という医療用医薬品があります。
関節内にヒアルロン酸を注射して注入するもので、変改性膝関節症、五十肩、リウマチなどの治療に使われているのです。

目にもヒアルロン酸。
目の硝子体に多く含まれていて、緩衝作用や組織形状の維持(目の形を保つ)などの働きもあります。
ヒアルロン酸を用いる眼科手術補助剤は、白内障手術や全層角膜移植術に使われます。